兵法塾 - 兵書抜粋・孫子 戦理 -
兵 法 塾
TOP Ohasi Takeoka SiteMap Link Information WebShop Comment      祈願・三陸復興 2011-2015.3.11 
兵書抜粋
孫子 呉子 六韜 三略 司馬法 尉繚子 李衛公問対
君主論 戦争論 MOOSEMUSS ランチェスター 戦国策 鬼谷子 三十六計
闘戦経 統帥綱領 作戦要務令 海戦要務令 野外令 五輪書 兵法家伝書
孫 子
戦理 統率 状況判断
 
  戦理  
 
 
 善く戦う者は、人を致して人に致されず。
 
 
 兵は利にあらざれば動かさず、得るにあらざれば用いず、危きにあらざれば戦わず。
 
 
 百戦百勝は善の善なるものにあらず、戦わずして人の兵を屈するは善の善なるものなり。
 
 
 上兵は謀を伐ち、その次は交を伐つ、その次は兵を伐つ、その下は城を攻む。
 
 
 兵は拙速を聞くも、巧久を見ず、兵久しくして国に利ある者、未だ之あらざるなり。
 
 
 水は高きを避けて低きに赴き、兵は実を避けて虚を伐つ、水は地によりて流れを制し、兵は敵によりて勝を
   制す、故に、兵に常勢なく、水に常形なし。
 
 
 兵は詭道なり、能にして不能を示し、用にして不用を示し、備えなきを攻め、その不意に出ず。
 
 
 善く戦う者は、勝ち易きに勝つ、善く戦う者の勝つや、智名もなく勇功もなし。
 
 
 戦いは、正を以って合い、奇を以って勝つ、善く奇を出すもの、窮りなきこと天地の如く、竭きざること江河の
   如し。奇の変、あげて窮む可からず、たれか能く之を窮めん。
 
 
 兵は詐を以って立ち、利を以って動き、分合を以って変となす。故にその疾きこと風の如く、徐なること林の
   如く、侵掠すること火の如く、動かざること山の如し、知り難きこと陰の如く、動くこと雷震の如く。
 
 
 激水の疾き、石を漂わすに至るは勢いなり。鷲鳥の疾き、毀折に至るは節なり。
 
 
 人を形して、我無形なれば、我専らにして一となり、敵分かれて十となる。これ十を以って一を攻むるなり。
 
 
 善く戦う者は、先ず勝つべからざるをなして、敵の勝つべきを待つ。
 
 
 守るは足らざればなり、攻むるは余りあればなり。
 
 
 師を囲めば必ず欠き、窮敵には迫るなかれ。
 
 
 初め処女の如く、後は脱兎の如し。
 
 
 死地にはすなわち戦え。
 
 
 戦い勝ち、攻めとりて、その功を修めざるものは凶なり。
 
 
 
 

 

兵法塾

http://www.heihou.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページのトップへ