兵   法   塾

目録戦理戦いの要素統率状況判断戦略戦術大橋先生武岡先生・祈願・三陸皆様の心の復興 2011.3.11「 乃至法界平等利益自他倶安同歸寂光 」

兵法塾 Mobileサイト

大橋先生三十三回忌サイト

大橋先生御著書一覧

武岡先生御著書一覧

兵法・三十六計

兵書抜粋

尉 繚 子うつりょうし

尉繚子・解説

「尉繚子(前220頃成立)」秦の始皇帝政(前259~前210)に仕えた「尉繚(前260~?)」の説を収録したものと伝わる。史記の秦始皇帝本記には「魏の大梁出身の尉繚という人物が秦にやって来て秦王政に諸侯の合従策を破る策を説いた」とある。秦王政はその策を用いて尉繚を厚遇して要職に就けたと伝わる。「尉繚子」の第一天官篇の頭書に「梁(魏)の恵王(前400~前319)、尉繚子に問うて曰く、」とある。秦王政に献策した尉繚と梁の恵王に諮問される尉繚と二人あってどちらもそれ以上の詳しい動静も記録も伝わらず、どちらが「尉繚子」ゆかりの人物かまた作者かは不詳のままで後人の偽作説もあった。しかし、1973年山東省銀雀山の漢墓から出土した竹簡の中から現存の「尉繚子」と基本的に同じ内容の残簡が発見され既に漢代の初期には他の「孫子兵法」「孫臏兵法」と同様に世間に伝わっていたことが証明された。尉繚子という兵法書は漢代以前、戦国時代に魏の国ゆかりの人物によって既に成立していた可能性が高い。その内容と論旨は明快に整っていて秦始皇帝の天下統一の背景思想を感じさせる。

尉 繚 子

  1. 天官の時日は人事に若かざるなり。
  2. 神に先だち鬼に先だちて、先ず我が智を稽えよ。
  3. 富みて治まる者は、兵、刃を発せず。
  4. 甲を睾(こう)して勝つ者は、主の勝なり。陣して勝つ者は、将の勝なり。
  5. 民は死を楽しみて生を悪むに非ざるなり。号令明らかに、法制審らかなり。
  6. 一賊、剣によりて市に撃てば、万人これを避けざる者なし。臣謂えらく、一人の独り勇にして万人皆不肖なるに非ざるなり。何となれば、則ち必死と必生と固に侔しからざればなり。
  7. およそ兵は、道を以て勝つあり、威を以て勝つあり、力を以て勝つあり。
  8. それ将の戦う所以の者は、民なり。民の戦う所以の者は、気なり。気、実つれば則ち闘い、気奪わるれば則ち走る。
  9. また曰く、「天の時は地の利に如かず、地の利は人の和に如かず」と。聖人の貴ぶ所は、人事のみ。
  10. 勝敗の道を知る者は、必ず先ず畏侮の権を知る。それその心を愛悦せざる者は、我が用たらざるなり。
  11. 故に善く将たる者は、愛と威とのみ。
  12. およそ守る者、進みて郭囲せず。退きて亭障せずして、以て禦ぎ戦うは、善なるものに非ざるなり。豪傑英俊、堅甲利兵、勁弩強矢、尽く郭中に在り、すなわち窖廩(こうりん・貯蔵穴)を収め、毀折(きせつ・砕く)して入りて保つは、客、気を十百倍して主の気をして半ばならざらしむ。敵攻むれば、これを傷うこと甚だしきなり。然れども世の将は知ること能わず。
  13. それ守る者は、その険を失わざる者なり。
  14. 攻むる者は、十余万の衆を下らず。それ必ず救うの軍ある者は、則ち必ず守るの城あり。必ず救うの軍なき者は、則ち必ず守るの城なし。
  15. 威は変ぜざるに在り、恵は時に因るに在り、機は事に応ずるに在り、戦いは気を治むるに在り、攻むるは意表に在り。
  16. 智は大を治むるに在り、害を除くは敢断に在り、衆を得るは人に下るに在り。
  17. およそ兵は、過ちなきの城を攻めず、罪なきの人を殺さず。それ人の父兄を殺し、人の財貨を利し、人の子女を臣妾とするは、これ皆盗なり。
  18. 万乗は農戦し、千乗は救守し、百乗は事養す。農戦は外に権を索めず、救守は外に助けを索めず、事養は外に資を索めず。
  19. およそ誅賞は、武を明かにする所以なり。一人を殺して三軍震(おそ)るれば、これを殺す。一人を賞して万人喜ばば、これを賞す。
  20. 太公望は年七十にして、牛を朝歌(殷の都)に屠り、食を盟津(黄河の渡し場)に売る。七十余を過ぐれども、主聴かず。人人これを狂夫と謂えり。文王に遇うに及びて、即ち三万の衆を提げ、一戦にして天下定まる。武議(ぶぎ・兵法)に非ずんば、安んぞ能くこの合あらんや。
  21. 君子は囚を五歩の外に救めず。鈎矢これを射るといえども、追うなきなり。
  22. 国士といえども、その酷に勝えずして自ら誣(し・あざむく)うるあらん。
  23. 官は、事をこれ主どる所、治を為すの本なり。制は、四民を職分し、治の分なり。
  24. 官に事の治むるなく、上に慶賞なく、民に獄訟なく、国に商賈なし。何ぞ王の至れるや。明挙上達は、王の垂聴に在るなり。
  25. 今、裋褐(じゅかつ)だに形を蔽わず、糟糠だに腹に充たざるは、その治を失えばなり。
  26. それ治というは、民をして私なからしむなり。民、私なければ、則ち天下は一家にして私耕私織なく、共にその寒きを寒しとし、共にその飢を飢えう。故に、子一人あれども、一飯を加えず、子十人あれども、一飯を損ぜざるが如し。
  27. 蒼蒼の天は、その極を知るなし。帝王の君は、誰をか法則となさん。往世は及ぶべからず、来世は待つべからず、己に求むる者なり。
  28. 権、先んじて人に加うれば、敵、力交えず。武、先んじて人に加うれば、敵、威接えるなし。
  29. これ戦いの理、然らしむるなり。
  30. それ精誠は神明に在り、戦権は道の極まる所に在り。有なればこれを無にし、無なればこれを有にす。
  31. 将、千人より以上、戦いて北げ、守りて降り、地を離れ軍を逃ぐるあるは、命じて国賊と曰い、身戮され家残い、その籍を去り、墳墓を発き、その骨を市に暴し、男女、官に公にさる。
  32. 軍中の制、五人を伍となし、伍、相保すなり。十人を什となし、什、相保すなり。五十人を属となし、属、相保すなり。百人を閭となし、閭、相保すなり。
  33. 中軍、左右前後の軍、皆分地あり。これを方するに行垣を以てして、その交往を通ずるなし。
  34. 束伍の令に曰く、五人を伍となし、一符を共にし、将吏の所に収む。伍を亡いて伍を得るは、これを当し、伍を得て亡わざるは賞あり。伍を亡いて伍を得ざるは、身死し家残わる。
  35. 経卒とは、経令を以てこれを分かち、三分するなり。左軍は蒼旗し、卒は蒼羽を載す。右軍は白旗し、卒は白羽を載す。中軍は黄旗し、卒は黄羽を載す。
  36. 金鼓鈴旗、四つの者各おの法あり。これを鼓すれば則ち進み、重ねて鼓すれば則ち撃つ。これを金すれば則ち止まり、重ねて金すれば則ち退く。鈴は、令を伝えるなり。旗は、これを麾きて左すれば則ち左し、これを麾きて右すれば則ち右す。
  37. 将軍、命を受くるとき、君必ず廟に謀り、令を廷に行う。君身ずから斧鉞を以て将に授けて曰く、左右中軍、皆分職あり。若し分を踰えて上に請う者あらば誅す。軍に二令なし。
  38. 所謂、踵軍(しょうぐん)とは、大軍を去ること百里、会地に期す。三日の熟食をなし、軍に前んじて行く。戦いを為すや、これに表を合してすなわち起つ。
  39. 興軍(こうぐん)とは、踵軍に前んじて行き、表を合してすなわち起つ。大軍を去ることその道を一倍し、踵軍を去ること百里、会地に期す。六日の熟食をなし、戦備を為さしむ。
  40. 兵の教令は、営を分かち陣に居り、令に非ずして進退する者あらば、犯教の罪を加う。
  41. 前行は、前行これを教え、後行は、後行これを教う。左行は、左行これを教え、右行は、右行これを教う。五人を教挙すれば、その甲首、賞あり。教えるなくんば、犯教の罪の如し。
  42. 兵に五致あり。将となりては家を忘る。踰垠(ゆぎん)しては親を忘る。敵を指しては身を忘る。死を必すれば則ち生く。勝を急ぐは下となす。
  43. 兵は凶器なり。争いは逆徳なり。事には必ず本あり。故に王者の暴乱を伐つは仁義に本づく。
  44. 諸の戦いてその将吏を亡う者、及び将吏の卒を棄てて独り北ぐる者は、尽くこれを斬る。
  45. 臣聞く、古の善く兵を用うる者は、能く士卒の半ばを殺し、その次はその十に三を殺し、その下はその十に一を殺す。能くその半ばを殺す者は威、海内に加う。十に三を殺す者は、力、諸侯に加う。十に一を殺す者は、令、士卒に行なわる、と。

大友杏葉

「兵法経営塾」

兵法経営塾

「統帥綱領入門」

統帥綱領入門

「戦いの原則」

戦いの原則

マキャベリ兵法

「ピンチはチャンス」

ピンチはチャンス

「新釈 孫子」

新釈孫子

「日本陸軍史百題」

日本陸軍史百題

「兵法と戦略のすべて」

兵法と戦略のすべて

「兵法を制する者は経営を制す」

兵法を制する者は経営を制す

「孫子の経営学」

孫子の経営学

まんが 孫子の兵法

まんが 兵法三十六計

兵法 項羽と劉邦

絵で読む「孫子」

名将の演出

兵法 項羽と劉邦

兵法 徳川家康

状況判断

人は何によって動くのか

兵法 孫子

経営幹部100の兵法

図解兵法