兵法家伝書 進履橋
兵 法 塾
TOP Ohasi Takeoka SiteMap Link Information WebShop Comment      祈願・三陸皆様の心の復興 2011-2018.3.11 ⑦ 
兵書抜粋
孫子 呉子 六韜 三略 司馬法 尉繚子 李衛公問対
君主論 戦争論 MOOSEMUSS ランチェスター 戦国策 鬼谷子 三十六計
闘戦経 統帥綱領 作戦要務令 海戦要務令 野外令 五輪書 兵法家伝書
兵 法 家 伝 書 へいほうかでんしょ
進 履 橋 殺 人 刀 活 人 剣
 
  進 履 橋  「新陰流兵法の書」  
 
三学   
 
  一 身構  一 手足  一 太刀  右の三个を以て、初学の門として、是より学び入るべし。
 
三学に就き、又五ヶの習
 
  一 身を一重になすべき事 一 敵の拳を我肩にくらぶべき事 一 我拳を楯につくべき事  一 左の肱を延ばすべき事  一 さきの膝に身をもたせ、あとの膝をのばすべき事
 
右 三学の初手 是はかまへ也。
 
  初手を車輪と云ふ。是は太刀の構也。まはるを以て、車と名付けたり。脇構なり。左の肩をきらせて、きるに隋つて、まはりて勝つ也。ひきくかまゆべし。惣別かまへは敵にきられぬ用心なり。城郭をかまへ、堀をほり、敵をよせぬ心持也。敵をきるにはあらず。卒尓にしかけずして、手前をかまへて、敵にきられぬやうにすべし。故に先づ構をはじめとする也。
 
  一 一刀両段  一 斬釘截鉄  一 半開半向  一 右旋左転    一 長短一味   右、一々立相の習、口伝にあり、書き顕はし難し。  
 
九箇
 
  一 必勝  一 逆風  一 十太刀  一 和卜  一 捷径  一 小詰  一 大詰  一 八重垣  一 村雲    右、師弟立相ひて以て之を教へ、書面に顕はし難し。
 
天狗抄 太刀数八
 
  一 花車  一 明身  一 善待  一 手引  一 乱剣  一 序  一 破  一 急
 
  右の外太刀数六   一 添截  一 乱載  一 極意   一 無二剣   一 活人剣  一 神妙剣  右の数々を能々習ひ得て、此の中より、千手万手をつかひ出すべし。三学九ヶなどと云ふは、大体を云ふ也。此道をよく得てより、太刀の数を伝ふべからず。
 
策を帷幄の中に運らして、勝つことを千里の外に決す。
 
  此句の心は、幕をうち、その中に居ながら様々のはかりごとをなして、千里の外の敵に勝つと也。然れば、此句を兵法に簡要と用ゐる心は、我胸の内を帷幄の中と心得べし。わが心のうちに油断もなく、敵のうごき、はたらきを見て、様々に表裏をしかけ、敵の機を見るを、策を帷幄の中に運らすと心得べし。さてよく敵の機を見て、太刀にて勝つを、勝つことを千里の外に決すと心得べし。大軍を引きて合戦して勝つと、立相の兵法と、かはるべからず。太刀二つにて立相ひ、切合ひて勝つ心を以て、大軍の合戦にかち、大軍の合戦の心をもって、立相の兵法に勝つべし。太刀さきの勝負は心にあり。心から手足をもはたらかしたる物也。
 
序破急に就き、三九廿七ヶの截相の事
 
 上段三 中段三 下段三
 
 上段三 中段三 下段三 刀棒 切合 截甲
 
 上段三 中段三 下段三 上中下何も一拍子
 
  右  此の一巻は、師弟立相ひ、教ふべく習ふべきを以て、委曲に書述ぶるに及ばず。右の目録相窮むる人に於ては、此の一巻を以て之を書写して授け、以て門弟の証と為すべき者なり。子孫の為に之を誌す。
 
 
上泉武蔵守    藤原 秀綱
 
 
亡父 柳生但馬守  平 宗厳
 
 
的子 柳生但馬守  平 宗矩
 
此一巻を進履橋と云ふ事は、張良、曾て石公に履をすゝめて、兵道を伝へて後、張良がはかりごとにより、高祖天下を治め、漢家四百年を保ちし也。是によりて、其心を取りて進履橋と名付けたるなり。此一巻を橋となして兵法の道をわたるべしと也。
 
   
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

兵法塾

http://www.heihou.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページのトップへ