兵   法   塾

目録戦理戦いの要素統率状況判断戦略戦術大橋先生武岡先生・祈願・三陸皆様の心の復興 2011.3.11「 乃至法界平等利益自他倶安同歸寂光 」

兵法塾 Mobileサイト

大橋先生三十三回忌サイト

大橋先生御著書一覧

武岡先生御著書一覧

兵法・三十六計

兵書抜粋

海 戦 要 務 令かいせんようむれい

海戦要務令・解説

「海戦要務令 明治三十四年(1901年)海軍省 」海戦要務令は艦隊以下のための戦術・戦技を説いたもので、陸軍の作戦要務令に相応し、これと同様、実行力を背景とする教令であり、勅裁により制定された権威のあるもので、作戦要務令と違うところは軍事機密の扱いを受けたことである。海戦要務令は明治三十四年二月、秋山真之少佐の起草した「海戦に関する綱領」を骨子として制定されたもので、以後、昭和九年に至るまで五回改訂されているが、彼我の空母群間で行われる航空決戦が海戦の主体となった大東亜戦争の新情勢に適応する改訂は、ついに行われないままで終わっている。さらに厳重な外部への漏洩防止は内部への普及を妨げ時勢の推移に応ずる改訂意欲を鈍らせた陸軍の「統帥綱領」に共通する。

綱 領

一、軍隊の用は戦闘に在り。故に凡百の事皆戦闘を以て基準と為すべし。

二、軍紀は軍隊の生命なり。和諧は軍隊の血液なり。軍隊の行動、指揮官の意図の如くなるを得るは、一に厳正なる軍紀と同情ある和諧とに因る。故に軍紀は不断の振粛を要し、かつ和気を以て一貫せざるべからず。

三、兵戦は上下の意思疎通し、協心戮力以て協同の目的に進むに非ざれば効果顕れず。各級指揮官は常に意をここに存し、よく最高指揮官の意図を知了し、戦局の情勢に通じ、自己の任務をわきまえ、以て協同目的の達成に最善の努力を致すを要す。

四、独断専行は情況の変化に応じ、戦機を逸せず協同の実を挙ぐる所以なり。然れども、これをなすに当たりては、戦勢の大局に鑑み、上級指揮官の意図に合することに努め、専恣に陥らざるを要す。

五、勇断決行は戦勝を得るの道なり。徒に巧緻を望みて遅疑することあるべからず。

六、典則は運用を待って始めてその光彩を発揮す。各級指揮官は宜しく機宣に応じてこれを活用すべし。固より濫りに典則に乖くべからず、またこれに拘泥して実効を誤るべからず。

第一篇 戦 務

第一章 令達報告及び通報

第一節 令 達
第一、令達は各級指揮官がその職権もしくは特別の委任により発するものにして、これを分かちて左の五種とす。
一、命令
二、日令
三、法令
四、訓示
五、告示
各級指揮官とは司令長官、司令官、艦船部隊および特設艦船部隊の長、ならびに独立して行動する駆逐艦長、潜水艦長、艇長、飛行機隊長、飛行船隊長、気球隊長をいう。
第二、命令は作戦その他重要事項を命令するに用う。
第三、命令は発令者の意思および受令者の任務を明確適切に示し、かつ受令者の識量に適応せざるべからず。命令には目的を達するため、受令者の処断に委せざる必要の事項を示すを要す。情況により受令者の準拠となるべき綱領を添付指示するを可とすることにあり。
第四、命令は情況明瞭ならざるか、またその実行に至るまでの変遷測り難きときにおいては、単に受令者の達すべき目的もしくは遂行すべき任務の要領を示し、実施の方法を受令者に委するを可とす。
第五、命令には憶測を加え、将来を希望し、またこれを命じたる理由を示し、あるいは未然の形勢を揣摩(想像)して一々これに応ずる処置を定むるが如きことを避くるを要す。
第六、作戦命令は左の順序により記述するを通則とす。
一、敵軍及び友軍の情況
二、我軍の企図
三、各部隊の任務および行動
四、その他必要なる事項
補給、通信、連絡、天候その他異変に応ずる処置等
第七、日令は直接作戦に関係なき軽易なる事項に関することを、一般に命令するに用う。
第八、法令は法規に関することを、一般に命令するに用う。
第九、訓示は部下の士気を鼓舞し、あるいは督励慰論する等のために用うるものにして、受令者はこれを服膺すべきとす。
第一〇、告知は隊内隊外の事件もしくは情報等を、部下に了知せしむるために用うるものにして、一般に示達するを例とす。

第二篇 戦 闘

第一章 戦闘の要旨

第一、戦闘の本旨は、攻撃を執り、速やかに敵を撃破するに在り。故に、情況已むを得ずして一時守勢を執ることあるも、苟も時機を得ば、決然攻勢に転ずるべきものとす。
第二、戦闘の要訣は先制と集中にあり。先制の利を占むるには、克く戦勢を観察し、機を失せず敵の弱点に乗じ、迅速果敢なる攻撃を行うを要し、集中の実を挙ぐるには、諸部隊の協同連繋を確実にし、我が全力を以て敵の分力を撃つの時機を捕捉するを要す。
第三、決戦は、戦闘の本領なり。故に戦闘は常に決戦によるべし。会敵に当たり、直ちに決戦に移るを不利とする場合においても、なおよく主動的に行動し、敵をして我に随動せしめ、以て有利なる決戦時機を作為するを要す。決戦は、犠牲を厭わず敵に接近して、果敢なる攻撃を行うを以て、要訣とす。
第四、天象、地象は戦闘力の発揮に影響を及ぼすこと大なり。故に各級指揮官は常にこれが利用を忽せにすべからず。

第二章 艦隊の戦闘

第一節 各部隊の戦闘任務
第五、艦隊戦闘の要旨は、主隊を基準として各部隊これに協同し、各々その固有の戦闘力を発揮するに在り。戦闘の勝敗は主としてこの協同動作の適否に依りて決す。
第六、戦艦戦隊は艦隊戦闘の主兵にして、敵主隊の攻撃に任ず。
第七、巡洋戦艦戦隊は戦艦戦隊と協同して敵主隊を攻撃し、また巡洋艦戦隊および水雷戦隊の掩護推進に任ず。
第八、先頭隊たる各部隊の主たる任務左の如し。
巡洋艦戦隊
一、水雷戦隊の進路を開き、その襲撃を掩護し、機宣敵主隊を攻撃す。
二、敵巡洋艦戦隊、水雷戦隊等を撃攘し、主隊の先頭を掩護す。
水雷戦隊
一、敵主隊を襲撃す。
二、敵水雷戦隊、潜水艦等の来襲を阻止撃攘し、主隊の先頭を掩護す。
第九、先頭隊の勇敢にして好機に投ずる攻撃は、精神的に敵を威圧し、その有形的効果と相まち、主隊の戦闘に至大の効果をもたらすものとす。
第一〇、殿隊たる各部隊の主たる任務左の如し。
巡洋艦戦隊
一、敵の反転を脅威し、機宣これを攻撃す。
二、敵潜水戦隊、水雷戦隊等を撃攘し、主隊を掩護す。
水雷戦隊
一、敵の反転を脅威し、機宣これを攻撃す。
二、敵水雷戦隊、潜水艦等を撃攘し、主隊を掩護す。
第十一、潜水戦隊は他部隊と協同しまたは単独にて、敵主隊の襲撃に任ず。
潜水戦隊はその特殊の能力により、敵を畏怖せしめて、その行動を制肘し、奇襲の効果と相まちて、主隊の戦闘に至大の効果をもたらすものとす。
第十二、航空隊の主たる任務左の如し。
一、敵情を偵察す。
二、敵主力および空母を攻撃す。
三、敵航空隊機を撃攘す。
四、敵潜水艦を捜索攻撃す。
五、主隊の前路を警戒し、また魚雷機雷を監視す。
六、敵の運動を監視し、射撃効果発揚に協力する。
航空隊の敏速果敢なる共同動作は、戦闘の全局に甚大の効果をもたらすものとす。
第十三、戦勢の変化急激なる場合または展望不良にして対勢の観察困難なる場合においては、各部隊は必ずしも固有の戦闘任務に拘泥することなく、戦闘一般の目的に鑑み、情況に応じて各々その指揮官の最良と信ずる所を断行すべし。通常、かくの如き情況においては、最近にして最も効果ある目標を選び、果敢なる攻撃を行うを要訣とす。

第二章 艦隊の戦闘

第三章 戦隊の戦闘

第四章 水雷戦隊の戦闘

第五章 潜水戦隊の戦闘

第六章 航空隊の戦闘

第七章 その他の戦闘

以下略

大友杏葉

「兵法経営塾」

兵法経営塾

「統帥綱領入門」

統帥綱領入門

「戦いの原則」

戦いの原則

マキャベリ兵法

「ピンチはチャンス」

ピンチはチャンス

「新釈 孫子」

新釈孫子

「日本陸軍史百題」

日本陸軍史百題

「兵法と戦略のすべて」

兵法と戦略のすべて

「兵法を制する者は経営を制す」

兵法を制する者は経営を制す

「孫子の経営学」

孫子の経営学

まんが 孫子の兵法

まんが 兵法三十六計

兵法 項羽と劉邦

絵で読む「孫子」

名将の演出

兵法 項羽と劉邦

兵法 徳川家康

状況判断

人は何によって動くのか

兵法 孫子

経営幹部100の兵法

図解兵法