兵   法   塾

目録戦理戦いの要素統率状況判断戦略戦術大橋先生武岡先生・祈願・三陸皆様の心の復興 2011.3.11「 乃至法界平等利益自他倶安同歸寂光 」

兵法塾 Mobileサイト

大橋先生三十三回忌サイト

大橋先生御著書一覧

武岡先生御著書一覧

兵法・三十六計

兵書抜粋

六 韜りく とう

六韜・解説

「六韜(前200頃)」武経七書の中で著明な兵書で六韜・三略の「韜略」という言葉はそのまま軍略を指すほどである。しかし作者不詳で成立年代も様々な説があった。ただこの「六韜」は1973年山東省銀雀山の漢墓から竹簡として出土しており、秦が全土を統一するまでの戦国時代末期までには既に存在していたと見られている。三略と同じく「太公望呂尚(~前1000頃)」ゆかりの兵書となっている。記述も太公望が仕えた周の「文王(~前1051)」と「武王(~前1043)」との問答形式である。六韜の「韜」は竹簡等の巻物を入れる革の袋のことでそれが六袋ありそれぞれ文、武、竜、虎、豹、犬の名前がつけられた。ことわざで門外不出の秘伝(奥の手)を虎の巻と称するのはこのことである。「史記」の斉太公世家では太公望呂尚の先祖は治水の功績で呂に封じられた姜氏で後裔の太公望は封地にちなんで呂尚を名乗った。年老いて貧窮していた呂尚は漁に名を借りて周の文王の知遇を求めたとあり。呂尚が周に仕える経緯も伝説として様々にある。文韜の頭書もこの文王と呂尚の伝説的な経緯から始まる。呂尚は文王の父(太公)の時代から待ち望んでいた周を隆盛に導く予言された聖人として迎え入れられる。太公望の名前の由来である。秦の始皇帝ゆかりの兵書「尉繚子」武議篇(六)に「太公望は年七十にして、牛を朝歌(殷の都)に屠り、食を盟津(黄河の渡し場)に売る。七十余を過ぐれども、主聴かず。人々これを狂夫と謂えり。文王に遇うに及びて、即ち三万の衆を提げ、一戦にして天下定まる。武議(ぶぎ・兵法)に非ずんば、安んぞ能くこの合あらんや。」とある。文王、武王の軍師として「殷」の紂王を滅ぼして周王朝を打ち建てる。後にその功績で「斉」に封じられた。 「六韜」の内容は広範かつ多岐で政治から兵種、武器に至るまで収録され当世流に編集された実用書として重宝されていたと思われる、三国志(正史)で劉備(161~223)が劉禅(207~271)へ「漢書」「礼記」等とともに「六韜」に学べと遺言している。六韜も三略も太公望に仮託した兵書と思われるがその編纂趣旨は全く異なる。

文 韜

  1. 天下の利を同じくする者は則ち天下を得、天下の利を擅(ほしいまま)にする者は則ち天下を失う。
  2. 君子はその志を得るを楽しみ、小人はその事を得るを楽しむ。
  3. 禍福は君にあり、天の時にあらず。  
  4. 賞罰は身に加うるが如く、賦斂(ふれん・税の取立て)は己より取るが如し。
  5. 善を見て怠り、時至りて疑い、非を知りて処る。
  6. 進んで争うことなく、退いて遜(ゆずる・責任を逃れる)ることなし。
  7. 賞を用うるには信を貴び、罰を用うるには必を貴ぶ。
  8. 誠は天地に暢び、神明に通ず。而るを況(いわん)や人に於いてをや。
  9. 聖王は兵を号して凶器となし、已むを得ずしてこれを用う。
  10. 兵勝の術は、密かに敵人の機を察して、速やかにその利に乗じ、復た疾くその不意を撃つ。

武 韜

  1. 全勝は闘わず、大兵は創つくなし。
  2. 大智は智ならず。大謀は謀らず。大勇は勇ならず。大利は利せず。
  3. 猛獣まさに搏(う)たんとすれば、耳をたれて俯伏(ふふく・身を伏せる)す。聖人まさに動かんとすれば必ず愚色(ぐしょく)あり。
  4. 天地は自ら明らかにせず、故によく長生す。聖人は自ら明らかにせず、故によく名彰(あらわ)る。
  5. 聖人はその始めを見れば則ちその終わりを知る。
  6. 天下は一人の天下に非ず、ただ有道者のみこれを処る。
  7. 太だ強ければ必ず折れ、太だ張れば必ず欠く。
  8. 謀の道は、周密を宝となす。

竜 韜

  1. 軍中の事は君命を聞かず、皆将より出づ。
  2. 刑、上に極り、賞、下に通ずるは、これ将の威の行なわるる所なり。
  3. 倏(たちまち・突然)にして往き、忽(たちまち・すぐに)にして来たり、能く独り専にして制せられざる者は兵なり。
  4. 善く戦う者は、軍を張るを待たず。善く患(わざわい)を除く者は、いまだ生ぜざるに理(おさ)む。
  5. 善く敵に勝つ者は、形なきに勝つ。上戦は与に戦うなし。
  6. 善く戦う者は、利を見て失わず、時に遇いて疑わず。
  7. 戦うに必ず義を以てするは、衆を励まし敵に勝つ所以なり。
  8. 攻むべきを知りて攻め、攻むべからずして止む。

虎 韜

  1. 審らかに敵人の空虚の地、無人の処を知らば、以て必ず出づべし。
  2. 勇闘すれば則ち生き、勇ならざれば則ち死せん。
  3. 慮り先ず設けず、器械備えず、教え精信ならず、士卒習わず、此の若きは以て王者の兵となすべからざるなり。
  4. 三軍は戒むるを以て固しとなし、怠るを以て敗るとなす。
  5. まさに先ず遠候を発し、敵を去ること二百里にして、審らかに敵人の在る所を知るべし。
  6. 将は必ず上は天道を知り、下は地理を知り、中は人事を知り、高きに登りて下望し、以て敵の変動を観る。

豹 韜

  1. 便(べん・利便、都合)を見れば則ち戦い、便を見ざれば則ち止まれ。
  2. 山の高きに処れば、則ち敵の棲(す・すみか)ます所となり、山の下きに処れば、則ち敵の囚(とら)うる所となる。
  3. 奇正すでに設け、各々衝陣を山の表に設け、兵の処る所を便にし、然る後に車騎を以て分かちて烏雲の陣をつくる。
  4. 所謂、烏雲(ううん)とは、烏の如く散じて雲の如く合し、変化窮まりなきものなり。
  5. 少なきを以て衆きを撃つは、必ず日の暮れを以て深草に伏し、これを隘路に要せよ。
  6. 弱きを以て強きを撃つは、必ず大国の与と隣国の助けとを得よ。

犬 韜

  1. それ撃たんと欲する者は、まさに審らかに敵人の十四の変を察すべし。変見るれば則ちこれを撃て。
  2. 吏士に教うるには、一人をして戦いを学ばしめ、教え成れば、これを十人に合わす。
  3. 車は軍の羽翼なり、堅陣を陥れ、強敵を要し、走り北(に)ぐるを遮る所以なり。
  4. 騎は軍の伺候(しこう・斥候、隙襲)なり。敗軍を踵(お)い、糧道を絶ち、便寇(べんこう・遊撃隊)を撃つ所以なり。
  5. 歩(歩兵)は変動を知るを貴び、車(戦車)は地形を知るを貴び、騎(騎馬)は別径奇道(べっけいきどう・間道、抜道)を知るを貴ぶ。
  6. 敵人暮に返り、その兵甚だ多ければ、その行陣(陣形)必ず乱れん。

大友杏葉

「兵法経営塾」

兵法経営塾

「統帥綱領入門」

統帥綱領入門

「戦いの原則」

戦いの原則

マキャベリ兵法

「ピンチはチャンス」

ピンチはチャンス

「新釈 孫子」

新釈孫子

「日本陸軍史百題」

日本陸軍史百題

「兵法と戦略のすべて」

兵法と戦略のすべて

「兵法を制する者は経営を制す」

兵法を制する者は経営を制す

「孫子の経営学」

孫子の経営学

まんが 孫子の兵法

まんが 兵法三十六計

兵法 項羽と劉邦

絵で読む「孫子」

名将の演出

兵法 項羽と劉邦

兵法 徳川家康

状況判断

人は何によって動くのか

兵法 孫子

経営幹部100の兵法

図解兵法