兵   法   塾

目録戦理戦いの要素統率状況判断戦略戦術大橋先生武岡先生・祈願・三陸皆様の心の復興 2011.3.11「 乃至法界平等利益自他倶安同歸寂光 」

兵法塾 Mobileサイト

大橋先生三十三回忌サイト

大橋先生御著書一覧

武岡先生御著書一覧

兵法・三十六計

兵書抜粋

戦 国 策せんごくさく

戦国策・解説

「戦国策」は紀元前6年頃成ると伝わる。原著書は不明であるが前漢の「劉向(前77~前6)」が宮中の蔵書を校定し諸本の錯乱、重複を正して三十三巻、十二ヵ国別に編纂して「戦国策」と名付けたと伝わる。中国の戦国時代(前475~前221)は典型的な大乱世で春秋時代の群小国は優勝劣敗の試練を経て七ヵ国となり、やがて逐次国力を増しながら他国を圧倒した「秦」がついに天下を制覇した。この間の中小国の情勢変転の風雲に乗じて身に寸鉄を帯びず舌先三寸で国際情勢を意の如く操ろうとした幾多の遊説の士(縦横家)の奔走、権謀術数の秘術、主張、業績を書き留めたものが「戦国策」である。その政略・外交・謀略の神髄は孫子の謀伐、交伐、および戦わずして人の兵を屈する善の善なる道に通じる。

連 衡れんこう

連衡

  1. 大国「秦」の恵王に「蘇秦(縦横家)」が提案したが受入られず、後に同じ縦横家の「張儀」が献策して採用された秦の天下統一策の一つである。
  2. この策の狙いは敵対勢力の「各個撃破」である。各中小国が連合(合従)して大国・秦にあたろうとするのに対して、先ず小国の一つと結んで敵対勢力の統一戦線を分断する。更にその小国を使って他の小国を挟撃させ全ての小国を一つずつ逐次に外交と武力で征服していく。
  3. 「張儀」は秦王の特使となり、有力な小国を説得して秦に従わせた。その二つの論拠は、早く大国の秦と結ばないと他の国が秦と結んで貴国を攻めに来る。貴国のような小国は大国秦と戦っても勝ち目が無く、たとえ一度勝っても損害が大きく二度目には滅亡する。

合 従がっしょう

合従

  1. 秦への献策に失敗した「蘇秦」が大国秦の侵略(連衡)に抵抗して各諸国の連合戦線を結成して秦の天下統一阻止した策略。
  2. 趙王に献策して宰相となり、更に特使となって燕、魏、韓、斉、楚の各中小国を遊説して秦に対する連合戦線「合従」に成功した。そのため、強大を誇るさしもの秦も「蘇秦」が趙の宰相である間は、函谷関を出て、六国を攻めることができなかった。
  3. 蘇秦の「斉」への献策は、「貴国は両雄並び立たずで「秦」とは共存できません。他の小国を集めて統一戦線をつくり、力を合わせて秦に対抗すべきではありませんか。強大国の秦でも六国の力を合わせたものには及びません。貴国が秦の「連衡策」に従えば秦に領土を献じなければなりません。「合従策」を採って弱小国の味方になれば小国は喜んで貴国の欲するものを献じてくるでしょう。」
  4. 蘇秦の他の小国への説得は、「貴国は大国秦の前でまさに風前の灯です、助かる道は一つしかありません。それは秦を共同の敵とする友邦と連合することです。小国でも力を合わせれば大国より強大になれます。大国の連衡策で庇護を受けるには領土を献じなければならないが、これは結局、敵国の秦を強くすることになります。同じく献じるなら「合従策」の中心となる中国の「斉」に献じて味方を強くすべきです。」
  5. 「秦」が「趙」に対して、「共同して「燕」を攻めよ、成功の暁には燕の領土の半分を貴国に任せる」と申し込んで来た。喜んで出動しようとする趙王に対して趙の賢臣が「燕をお攻めになれば、食事も終わらぬうちに、秦の禍が我が国を見舞うでしょう」と諫めた。
  6. 趙の賢臣の論拠は、隣国同士の「趙」と「燕」が協同して、ともに健在であればこそ、強国「秦」も手を出せないのであり、一国が力を失えば、残りの一国は容易に秦の餌食になってしまう。よって「合従」すべきであり「連衡」は危険である。

遠交近攻

遠交近攻

強助弱挫

強助弱挫

「戦国策」大要

  1. 商於六百理「秦策」
  2. 蛇足を画く「斉策」
  3. 海、大、魚、「斉策」
  4. 士は己を知る者の為に死す「趙策」
  5. 楚に至らんとして北行するが如し「魏策」
  6. 鶏口となるも牛後となるなかれ「韓策」
  7. 漁夫の利「燕策」
  8. 先ず隗(かい)より始めよ「燕策」
  9. 騏驥(きき)も老いては駑馬に劣る「斉策」
  10. 百里を行く者は九十を以て半ばとす「秦策」
  11. 禍(わざわい)を転じて福となす「斉策」
  12. 壮士ひとたび去ってふたたび還らず「燕策」

大友杏葉

「兵法経営塾」

兵法経営塾

「統帥綱領入門」

統帥綱領入門

「戦いの原則」

戦いの原則

マキャベリ兵法

「ピンチはチャンス」

ピンチはチャンス

「新釈 孫子」

新釈孫子

「日本陸軍史百題」

日本陸軍史百題

「兵法と戦略のすべて」

兵法と戦略のすべて

「兵法を制する者は経営を制す」

兵法を制する者は経営を制す

「孫子の経営学」

孫子の経営学

まんが 孫子の兵法

まんが 兵法三十六計

兵法 項羽と劉邦

絵で読む「孫子」

名将の演出

兵法 項羽と劉邦

兵法 徳川家康

状況判断

人は何によって動くのか

兵法 孫子

経営幹部100の兵法

図解兵法