兵法塾 - 兵書抜粋・孫子 統率 -
兵 法 塾
TOP Ohasi Takeoka SiteMap Link Information WebShop Comment      祈願・三陸復興 2011-2015.3.11 
兵書抜粋
孫子 呉子 六韜 三略 司馬法 尉繚子 李衛公問対
君主論 戦争論 MOOSEMUSS ランチェスター 戦国策 鬼谷子 三十六計
闘戦経 統帥綱領 作戦要務令 海戦要務令 野外令 五輪書 兵法家伝書
孫 子
戦理 統率 状況判断
 
  統率  
 
 
 将軍の事は静にして幽なり。
 
 
 衆を治むること寡を治むる如きは分数これなり。衆を戦わしむること寡を戦わしむる如きは形名これなり。
 
 
 善く兵を用うる者は、率然の如し、率然とは常山の蛇なり。その頭をうてば尾いたり、その尾うてば頭いたり、
   その中をうてば首尾ともにいたる。
 
 
 卒未だ親付せざるにこれを罰すれば服せず。服せざれば用い難きなり。卒すでに親付して罰行なわれざれ
   ば用いるべからず。
 
 
 令するに文を以ってし、斉うるに武を以ってす。教うるに事を以ってし、言を以ってするなかれ。告ぐるに利を
   以ってし、害を以ってするなかれ。
 
 
 無法の賞を施し、無政の令を掲ぐ。三軍の衆を用うること一人を使うが如し。
 
 
 厚うして能く使わず、愛して能く令せざれば、乱るれども治むるあたわず。たとえば驕子の如し用うべからず。
 
 
 呉人と越人は相憎めども、舟を同じくして渡り風にあえば、その相救うや、左右の手の如し。
 
 
 兵は、これを行く所なきに投ずれば、死すとも逃げず。死せばいずくんぞ得ざらん。
 
 
 諄諄翕翕として徐ろに人に言る者は、衆を失えるなり。数数、賞する者は窘しむなり。数数、罰する者は困る
   るなり。
 
 
 先に暴にして後にその衆を畏るる者は、不精の至りなり。
 
 
 
 

 

兵法塾

http://www.heihou.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページのトップへ