兵法塾 - 戦理と戦いの原理・原則 -
兵 法 塾
TOP Ohasi Takeoka SiteMap Link Information WebShop Comment      祈願・三陸復興 2011-2017.3.11 ⑥
『 戦  理 』
  • 戦いのルールを学ぶにはそのもとになっている原理をまず理解する必要がある。
  • その原理から導き出された原則を理解し、併行して状況への適用の仕方を学ばねばならない。
 
  • 「戦理は学びうるし、学ばねばならぬ。」     フランスの名将・フオッシュ元帥
  • 「戦理は存在する。それを理解し各種の状況に適応させれば、予期以上の成果を収められる。」     日本の名将・武岡陸将
  • 「諸君が自ら兵理を会得しようと思ったならば、まず戦史の研究、各種兵書の渉猟を敢行せよ。」     秋山眞之
  • 「将帥の知識は能力となっていなければならない。」クラウゼウィッツ
  • 「驢馬は七年間ユージン侯(名将)に忠実に仕えたが、ついに戦略・戦術を解するには至らなかった。」 ナポレオン
  • 「此れ兵法に在り、ただ諸君察せざるのみ。」  韓信

 

『 私はかつて中隊長のとき、この適用方法がわからず悩んだことがあった。そのためマニュアル(歩兵操典・作戦要務令)の理解が足りないかもしれないと思って、改めて熟読玩味してみた。しかしそのときは一応わかったような感じはするが、さてそれではこの状況ではどうするかという、状況下の実行要領になると自信のある策案が浮かばない。いろいろ考えた末「実戦を研究してみたら」という、今にして思えばきわめて常識的な、しかも本質的な方法を思いついた。私の手元にたまたま格好の戦例集があったことがこの方法をとらせたのである。私は四冊ある本の中から、歩兵中隊の成功した戦例および失敗した戦例を抽出して研究することとし、毎日夕食後自室の淡いランプ(野戦では電燈がなかった)の下で作業した。方法は、戦例を攻撃篇と防御篇とに分け、ひとつひとつについて、一般状況、戦闘経過、教訓、要図を丹念に写した。それがすむと、ひとつひとつの戦例について、なぜこの場合は成功し、この場合は失敗したかを分析した。そのあと、攻撃で成功するための公約数(二つ以上の数に共通な約数)的な原則はなにか、防御はどうかというように各戦闘行動ごとに、コツともいうべき共通原則を探求した。このように分析を積み重ねた結果、わかってきた原則はなんと、これまで十分理解していると思っていた『作戦要務令』および『歩兵操典』に書かれている原則と、まったく同じものであったのである。湘桂作戦の感状このときの私の感激は、四十年経った今でも忘れられない。私はこの理解を胸に秘め次の作戦で活用したが、どんな状況に遭っても、まず迷うようなことはなく、自分でも驚くほどの戦果をあげることができた。※(湘桂作戦において戦功抜群として 大本営より「個人感状」、軍司令官より「中隊感状」を拝受された。) 「戦理」の理解はそれを適用できる状態までもっていかなければ、本当に理解したとはいえないのである。』-- 武岡先生 --「兵法を制する者は経営を制す」(PHP研究所1983年(S58)3月)---「湘桂作戦体験記 」( 湘桂作戦戦記出版会1979年(S54)7月)---

 兵法は自然や戦史から帰納的に導き出された普遍的なものである。しかしそれらの兵書(文字)だけを繰り返し読んでもそこに書いてある 原理・原則の言葉から想像される「戦いの状況」は、それを読む人の経験や知識の内に止まってしまいやすい。まったく軍事の経験も知識もない者が軍事的教訓(兵書)だけをもとに「経済活動」や「社会生活 」に 何らかの効果を期待しようとしても自ずと限界がある。独りよがりの解釈だけでは「原理・原則(戦理)」の適用を誤りやすい。故に、それらの 「原理・原則(戦理)」を「戦史」という実例を使って演繹的に検証して、まずその「適用方法」を学ぶ必要がある。 後に防衛庁きっての 戦略家として「幹部学校」や「幹部候補生学校」の校長を務められることになる陸将の武岡先生でも二十歳足らずで実弾の中をくぐり、貫通銃創を三度も受けられるほどの試練の 中で、この原理・原則の適用に悩まれた。 「背水の陣」「股くぐり」の故事で有名な国士無双・淮陰侯「韓信」が背水の陣を用いた「井陘の戦い」の敵将(趙王成安君)も 韓信を迎え撃つにあたり孫子・謀攻篇の「十なれば則ち之を囲み、五なれば則ち之を攻め、倍なれば則ち之を分ち・・」の言葉を用いて状況判断を行っている。 戦いが終った後、韓信の配下の諸将も孫子・ 行軍篇の「高きを右背に、死を前に生を後に(史記・山陵を右背に水沢を前、左にす)・・・」の言葉を用いて背水の陣の勝因を韓信に問うている。その問いに答えた言葉が「此れ兵法に在り、ただ諸君察せざるのみ・・・(孫子・九地篇)」である。兵法」は知識と適用(運用)との「差」が勝敗、生死そのものである。(--サイト主宰者-) 

 

 

兵法塾

http://www.heihou.com/

 

 

 

 

 

 

電子書籍

電子書籍

 

 

 

 

 

このページのトップへ